鍼灸学校ははり師ときゅう師の資格を両方取れて短期で知識が増やせる

焚かれたお灸

鍼灸専門学校では就職支援もばっちり

はり師ときゅう師は別々の資格なので、受験資格も別々に取得する必要があります。ただし、鍼灸専門学校なら両方のことを学ぶので、受験資格を両方得ることが可能です。二つとも別の資格ではありますが、同時に受験する場合は共通科目が免除されるなどの利点があります。したがって、鍼灸師になりたい方は両方の勉強ができて受験資格も得られる鍼灸専門学校がおすすめです。
また、鍼灸専門学校は臨床実習が多めで、実務を意識した勉強ができるのも魅力です。3年間と短い期間で卒業しますが、短いながらも濃い勉強ができますので、きっと鍼灸師になったときに役立つ知識と技術が得られるはずです。ちなみに学校によっては治療院でのアルバイトを斡旋してくれるところがあります。学費や生活費を稼ぐためにアルバイトをせざるを得ない人も少なくありませんが、これならただお金を稼ぐのではなく将来に役立つ経験をすることもできるため一石二鳥です。
鍼灸専門学校は就職支援もしっかりやってくれて、学校側に直接届いた求人情報を紹介してもらえることもあります。資格を取っても就職できなければ資格を取った意味がありませんが、そこまでもサポートしてもらえるのであれば、鍼灸師として確実に働き始めることができます。

独立開業も夢では無い!鍼灸の専門学校で知識や技術を学ぼう

鍼灸師として活躍する為には、はり師、きゅう師の国家試験に合格をして、資格を取得しなければなりません。
その国家資格についてですが、国家試験は誰でも受けられるものではなく、受験資格には、厚生労働省と文部科学省が指定する養成機関を卒業する必要があり、最低でも3年は必要となります。
3年間みっちりと鍼灸に関する知識を身につけていく為、国家試験の合格率は比較的高く、7割以上が合格を果たしている状況です。
鍼灸師は鍼灸院で活躍出来るのはもちろん、リハビリテーション施設や美容クリニックなど様々な舞台で活躍する事が可能となっており、様々なバックグラウンドを抱えた人がチャレンジをしています。高校卒業と同時に鍼灸を学べる大学や鍼灸専門学校に行く方もいますが、中には、ダブルスクールと言う形で通っている人もいますし、働きながら学校で学んでいる社会人の方もいます。
多くの人が通いやすい様に夜間部を設ける学校も近年は登場してきており、仕事との折り合いがつけやすい環境が整ってきている状況です。
鍼灸師は鍼灸院への就職はもちろん、将来的には独立開業も夢では無いので、一国一城の主になりたいと考えている独立を目指したい方も注目の分野と言えるでしょう。

社会人の方でも鍼灸専門学校なら仕事と学業の両立が可能

鍼灸師になるためには「はり師国家試験」と「きゅう師国家試験」のふたつの国家試験にパスして免許を取得しなくてはなりません。当然のことながら国家試験にパスするにははり師やきゅう師としての知識を十分に身につけたうえで国家試験に挑まなくてはなりません。そのため、「はり師国家試験」や「きゅう師国家試験」を受験するには受験資格が求められており、文部科学省が認定した大学や専門学校で所定の年数を費やして鍼灸師となるための知識及び技術の習得をすることが義務付けられています。しかしながら現在、どこかにお勤めをされているという環境にあるような方が鍼灸師を目指そうという場合、その知識や技術を習得するために勤務先を退職して学業に専念するというのはなかなかに難しいことです。特に鍼灸師を目指すために大学に入学をするとなると昼間の時間は大学に通学せねばならず、現在の仕事を続けながら大学にも通学するというのは物理的に不可能なこととなります。ただし、社会人として仕事に就かれている方でも夜間部のある鍼灸専門学校ならば仕事と学業の二足の草鞋を履くことが可能です。たしかに昼間は仕事、夜は専門学校で学業という生活は非常にハードなものとなることでしょうが、鍼灸師になりたいという強い気持ちがあればきっとその願いは実現するハズです。


仕事と学業の両立が可能な鍼灸学校をお探しなら【東洋鍼灸専門学校】の「夜間部」がおすすめですよ!生活に合わせて通学可能なので検討してみてくださいね!

鍼をさす

MENU LIST

鍼灸師を目指す人には専門学校がおすすめ

鍼灸師は、様々な病気や症状を改善できる治療技術を持つ職種で、鍼師や灸師の国家資格を取得し患者の治療を行う事が出来ます。この鍼師や灸師の国家資格はそれぞれ別々で取得する必要がありますが、鍼灸師として双方の国家資格を同時の取得するケースがほとんどになっております。そんな鍼灸師の国家資格を取得する方法は、大学で取得する方法と鍼灸専門学校で取得する2つのコースが有ります。大学で鍼灸師の資格を取得する…

鍼灸の学校の需要は高まっています

鍼灸専門学校の需要は年々高まっています。その理由として近年の経済情勢や雇用形態の不安定によって手に職を持つ仕事に注目が集まっており、中でも鍼灸師は国家資格なため、社会人経験のある方から若い年齢層まで急激に人気が高くなっています。このような需要の高まりからこれまで鍼灸の学科を持っていない学校が鍼灸科を新たに新設している学校も増え、現代では通いやすくなっています。また、学校のカリキュラムには座学…

鍼灸師になるための専門学校では高度な技術を学ぶことができる

鍼灸師は東洋医学の考えに基づき、針やお灸を活用して体調を整える仕事です。近年、スポーツ選手が負傷時の治療に用いるなど、注目が集まっている分野です。鍼灸師になるためには、鍼灸専門学校に通わなくてはなりません。ただし、鍼灸師という資格は存在せずこれは、はり師ときゅう師を合わせた呼称ですので、鍼灸師として活動したければ両方の勉強を学べる専門学校を選びましょう。専門学校を卒業しただけでは資格を取るこ…

仕事を続けながら専門学校に通学し鍼灸師を目指そう

鍼灸師として働くためには国家資格の取得が必須となってきますが、資格の取得までの道のりはそれほど平坦なものではありません。鍼灸師となるには「はり師」、「きゅう師」の二種類の国家試験に合格しなくてはならないからです。また、鍼灸師として必要な国家資格の取得を目指すにあたっては鍼灸専門学校や大学において所定の年数、技術や知識の習得に努めることが国家試験を受験できる前提条件となるため、独学のみでは鍼灸…

TOP